シューターのブログ

Boys be ambitious : 少年よ、大志を抱け

 

 少し古い本。第二次安倍内閣が発足してからちょうど一年くらいの2014年1月に書かれた本を読んでいます。

 

f:id:orangesing:20200428233811j:plain

 

 政治に関しては、あんまり知らないのですが、最近法律やらなんやらを勉強する中で、どうしても政治に関する基礎知識の習得は避けて通れないと思い、本を手に取っては読むようにしています。

 とはいえ何から勉強すれば良いのか。特に見当がついているというわけでもないので、なんとなく、「アベノミクス」から調べていこうかなと思っています。もちろん、3本の矢が「金融緩和」「財政政策」「成長戦略」の3つで構成されていることくらいは耳にしたことがありましたが、いまいち内容はわかっていませんでした。

 

改革は大変

 上の写真の本は、対談形式で書かれており、竹中平蔵さんの主張をうまく田原総一郎さんが引き出すという感じで話が進んでいきます。

 読んだ感想は、「いろいろ改革をしようとしてんだな〜」という感じです。

小泉政権時代の話から、民主党政権時代、そして安倍政権時代の話と話題豊富です。

内容については、理解できるところ、できないところ。納得いくところ、いかないところ個人的にはあるのですが、一番強く感じたことは「改革は大変」ということです。

 

みんなハッピーにはならない、でも前に進まないと

 安倍政権が何をしようとしていたのか。例えば、公務員制度改革や「混合診療の導入」「農業へのテコ入れ」「日本企業における社外取締役比率の押し上げ」などです。ずっと長年変えられることのできていない重要な問題のようです。

 これらの問題になんとか手をつけ、改革してやろう。そんな気概を安倍さん一応は持っていたようです。でも結局なかなか完全に問題解決には至らないようです。

 では、なぜか改革をすることができないのでしょうか。

 既得権益者が猛反対をするから

この一言につきます。

 具体例は出しませんが(笑)、やっぱ人間自分が一番大切。自分の利益が大切。改革が進められ、不利益を被ったらほとんどの人が嫌がりますよね。だから改革は中々進まないし、世の中は中々良い方へ好転していかないようです。

 しかし、それでも改革しなければ、本当に世の中はダメになってく。そんなメッセージを発する竹中さんの主張は印象的でした。既得権益と戦わなくはならない。アンハッピーな人が出てでも、前に進まなければならないのです。

 

必要なのは大志

 中々進まない、改革を推し進めるには何が必要か。大志が必要だと本の中では書かれています。自己利益を考えるような小さな志ではなく、

「世の中を良くしよう」

「未来の世代に貢献しよう」

こういった大志を抱く人が増えることが大切だと。

 その言葉を目にした時、北海道に像があるあの人の言葉が思い浮かびました。

 

Boys be ambitious :少年よ、大志を抱け

 そう、クラーク博士の言葉 "Boys be ambitious" 「少年よ、大志を抱け」です。

 懐かしいかな、高校の修学旅行の時に、クラーク博士の像の横で写真を撮りました。その時は、この言葉の意味、まったく持って意味がわかっていませんでした。

ただ、大きな夢を持つことが大事なんだな〜 

くらいに。

 でも、どうやらそんな意味だけを持つ言葉ではないようです。

 何かを変えようと思ったら、絶対にアンチ、既得権益者と戦わなければならないことになる。ある意味みんなをハッピーにすることはできない。それでもやり通すには、

「大志」が必要。

だから、クラーク博士は、

Boys be ambitious : 少年よ、大志を抱け

この言葉を残したのだと僕は思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

シューターのブログ

元を辿れば

 

 お久しぶりです。約1ヶ月ぶりにブログを書きます。この状況で4月に入ってからはほぼ家にステイしています。さすがに家だとやることが限られているので、最近は勉強ばっかしています(笑)。ここ一週間はオンラインで大学のゼミが始まり、勉強に身が入ります。

 一方で、この4月でもう大学3年生になりました。時期的にも周りの動きを見ていても、そろそろ本気で自分に向き合って、将来を考えなければなと思います。あー、気楽にもうちょっと勉強して〜

 

ジグソーパズル

 この思わぬ長い春休み。外出自粛は辛いですが、こもって勉強するのは嫌いじゃない性分で、今までの会計の勉強に加え、法律、経済の勉強を始めました。当たり前のことなのですが、勉強してみないとわかんないもので、経営、会計、法律、経済、政治、思想etc. など学問分野は分断されているものではなく、つながっていると最近は感じることができ始めています。まるで、ジグソーパズルのピースを1つずつはめるように、社会の構造が少しずつ理解できて楽しいです。

 

最終的には哲学の勉強なのかも

 いろいろと勉強範囲を広げる最中、特に面白いと感じる分野は法律です。今は会社法金融商品取引法を主に勉強しているのですが、これが面白い。会社がどのように機関設計されているかや投資者はどう保護されているかが勉強をすればするほど明らかになってきて、資本主義を形成する一部を知ることができます。

 こう嬉々として法律を勉強しているのですが、勉強をしながら、「国によって法律は違うのだよな」という当たり前のことを思い、「法律が違うってことは、国家体制も違うよな」と思いました。ということは結局「法律は政治に密着してるな」という当たり前のことに改めて気がつきます。でも、政治をしてるのは人間であり、人間の考え・思想で動いている。法律も人間の思想により定められ、会計も経済も人間様がつくったものです。

 「あ、最終的には人の考え、思想で世の中でできており、種々の勉強の末たどり着く先は哲学の勉強なのかもしれない!」

 そんな気がします。

 

哲学から勉強するできる人ってすごいな

 思想、すなわち哲学の勉強は、今まで数冊の本を読む程度のことしかやったことがなく、本格的にやった経験はなしです。僕の中での哲学のイメージは、「訳分かんね」で勉強はとても続きそうにはありません。

 大学の全学共通科目で哲学を受講しても、

「世界は水からできている」とか

「世界は空気からできている」とか

ちょっと漠然としていて取っ付きづらいかったのが正直なところです。

 僕は法律、経済、会計などなどいろいろ勉強をして、いろいろなことが頭の中でつながらないと楽しんで哲学を勉強することができそうにありません。その一方で、哲学をガンガン勉強できる人ってすごいなと若干のコンプレックスを最近感じます。(笑)

 

f:id:orangesing:20200427000048j:plain

今週はこれらの本、家で読むど〜

最後まで読んでいただきありがとうございます 

 

 

 

 

シューターのブログ

法律と粉飾決算

 

 オリンピックが延期。この春休みは世界の激動を目の当たりにしてしまったなと感じるばかりです。昨日は経営者の方にお会いする中で、約1000万円返金だとか、数百万の損失だとか、ゾッとするようなリアルを聞き、こんなにもウイルスが与える影響が大きいのだと驚きました。学生をやってるとそこまでの危機感を感じることはありませんが、ビジネスの世界ではただ事ではないようです。バブル崩壊の際には、地方はその影響を受けるのに数年間のタイムラグがあったそうですが(僕は生まれていない)、今回のコロナウイルスは地方へのタイムラグがないようで、より一層深刻な事態だとか。早く収まって欲しいと願うばかりです。

 こんな春休みでしたが、もうすぐ新学期。学生の僕は、そろそろ大学モードに突入しなければなという心持ちです。というわけで今回は春休みに勉強して思ったことをきっかしブログにしようと思います。

 

街から消える書店

 「この半年、1年くらいで本屋さんが無くなったなぁ」。広島の街を闊歩しながら感じていました。広島の書店といえば、廣文館フタバ図書がお馴染みですが、最近店舗が減っている気がします。(代わりに、蔦屋書店が増えてるのかな?)僕は本が好きなので、ついつい書店に入ると本を買ってしまいます(笑)。昨日も「廣文館」に立ち寄って、本を買おうか買うまいか葛藤しました。

 この疑問、何かあるのではと何となく思っていたので、春休みに調べてみると会計や法律といった話にダイレクトにつながってきました。

 

意外と身近に起こる粉飾

 この二つの書店。調べてみると、どうやら粉飾決算をしていたようです。粉飾決算といえば「ライブドア」や「てるみくらぶ」などが思い浮かび、大きく報道されるもので、珍しいのが粉飾決算なのかなと思っていましたが、意外と接点のある企業が粉飾決算をしているものなんだなと驚きました。フタバ図書は、40年も粉飾を行っていたようで、びっくりです。どうやって40年も続けたんだろう。「よく広銀に今までバレなかったな」「会計士とグルだったのか?」とか色々想像してしまいます。もう少し会計や金融機関、監査に詳しくなったら個人的に調べてみようと思います。

 そして、廣文館のほうも同じく粉飾決算。ただ、こちらの場合は、少し訳ありであることがある本を読んでいる中で分かりました。

 

金融庁について勉強していたら

 最近の僕の関心は、「世の中がどういう仕組みで動いているんだろう」「世の中に存在する数多の組織がどのように影響を及ぼし合っているんだろう」というようなところです。この欲は、今まで大学生になって200冊ほど、(意味あるのかなと半信半疑)本を読んでいる中で、少しだけ世の中の組織マップが浮かび上がってきて、湧いてきました。そこで、この春は金融庁2.0』著者:上杉素直/玉木淳 (日本経済新聞出版)をわりかし、じっくりと読んで、金融庁について調べていました。すると、その本でたった一文ではあるのですが、廣文館について触れてあり、粉飾の経緯が明らかにされていました。

 

モラトリアム法

 モラトリアム法とは通称で、「中小企業円滑化法」のことです。この法律は広島出身の政治家、亀井静香氏が旧民主党時代に金融担当大臣を務めており、通した法案です。リーマンショックによりダメージを負った日本の中小企業を支援しようと、モラトリアム法を2009年に通したわけです。そしてその年の12月にモラトリアム法は施行されたわけです。これにより、中小企業は経営改善を約束に、金融機関から多額の資金を融資してもらうことが可能になりました。中小企業にとって、モラトリアム法は万々歳で、何としてもこの法律の下で、金融機関から融資してもらいたい、または融資し続けてもらいたい訳です。

 すると、何が起こるか。そう粉飾決算です。

 融資してもらいたい、融資し続けてもらいたいがために、決算書をいじってしまう訳です。企業からすると

「だって融資がなくなったら、会社が危機に瀕するんだもん」

こんなところが本音でしょう。

粉飾決算は絶対にいけません。しかし、粉飾が起こりやすい構造というのが実はあったようで、それはモラトリアム法という、法律所以のものでした。

このパターンが、廣文館だったようです。

 

法律の影響力はやはり強い

 法治国家である日本において、法律は絶対です。しかし、普段生活をしている限りは「法律最強」と感じることはあまりありません。しかし、今回のモラトリアム法の事例で法律はやはり影響力が大きいなと感じました。

 ここから僕は、法律に興味を持って最近勉強を始めています。最近個人的に面白いのは、現代、情報産業と金融機関が圧倒的な力を持っており、それらの企業が他の産業に乗り出すことを国は恐れているようです。故に、企業が市場を独占しないように、法律があらゆる手を使って防いでいます。一方で規制を緩和する動きが見られたりもします。

 法律vs企業

この構造が最近見えるようになって、やはり世の中は法律ありきだと感じます。

 法律の勉強を進めて、世の中の構造をより明らかにできればなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

 

 

シューターのブログ

働くとは、生きるとは 〜迷走vol.4〜

『キングダム』呂不韋の描く秦國

 

 大学の休みも後半。久しぶりに漫画に夢中になっています。読んでいるのは『キングダム』。メジャーな漫画ですが、今まで読んだことがなかったので、40巻までとりあえず読んでみました。するとなんのその、無茶苦茶面白い『キングダム』。今まで人生損してたのかというくらいに面白いです。

 

働くのは金のため?

 最近「働くとはなんだろう」と、考えざるを得なくなっている時期に差し掛かっているのですが、ここで、「働く」ことと密接に関わっている「お金」について注目してみたいと思います。

 あなたはなぜ働いているのですか?

この質問に対して、

 お金を得るためです

と答える人は、それが一番の理由ではないにせよ、大多数だと思います。

 巷ではしばしば、「お金が大事か」それとも「お金以外が大事か」と二項対立で口角泡を飛ばす人もあるようですが、どちらかが善で、どちらかが悪という話ではないと思います。現代において、お金がないと生活が苦しいのは紛れもない事実だけれど、お金だけを目的に生きるのは御門違いだと思います。

 

そもそもお金の機能とは

 私たち多くは「お金」を求めるわけですが、そもそもお金とはなんでしょうか。ここで貨幣の3つの機能を確認します。中学校や高校の授業の社会科科目で習ったかもしれませんが、貨幣の機能は

・交換機能

・価値保存機能

・価値尺度機能

の大きく3つです。お金を媒介として、欲しいものと交換できる「交換機能」。家など高価なものを買うために、コツコツお金を貯める「価値保存機能」。この商品は何円、何ドルと、ものの価値を示す「価値尺度機能」です。

 この3つの機能のうち、「価値尺度機能」をベースをもとに、興味深い論を説いていた人物がいました。漫画の世界ではあるのですが、『キングダム』に出てくるキャラクター、呂不韋(りょふい)です。

 

f:id:orangesing:20200323130053j:plain



お金は大事、だけど惑わされるな

 まず、『キングダム 』とは、どんな漫画か知らない人もいると思うので、ざっくりと説明します。

 舞台は、約2250年前の中国。この時は春秋戦国時代という戦いの世であり、秦・趙・魏・韓・楚・燕・斉の戦国七雄が争っていました。のちに秦が中華統一を果たすわけですが、ここでご存知、「秦の始皇帝」が登場です。後に、秦の始皇帝になる嬴政(えいせい)と、その下で戦う信(李信)が主人公です。そして嬴政と信が中華統一を目指す物語こそ、『キングダム』です。

 嬴政は13歳で即位するのですが、少年ということで王の任務を全うすることができるわけもなく、他の人物が実権を握ることになります。その人物が呂不韋(りょふい)です。呂不韋は強大な勢力を誇り、嬴政を圧倒します。それを良いことに、嬴政が 成人を迎えてもなお、実権を握り続けるため、あらゆる策を施します。嬴政が成人する22歳の時まで9年間、呂不韋と嬴政は実権争いをするわけですが、実権争いの最終局面、嬴政と呂不韋は理想の中華を語らいます。

 キングダムの中で、中華について語る際、呂不韋はお金の機能の3つのうちの一つ「価値尺度機能」を論の中心に据えて話します。(39巻)

 

 

 人間の欲望は貨幣の誕生によって、増幅された。貨幣には、価値尺度という機能があり、「自分の方が富んでいるか、貧しいか」を一目で把握することができる。だから、優劣をつけたがるという性を持った人間は、「他の人より裕福になりたい」とお金を求め、欲望をたぎらせた。だから、それを逆手にとって、人間の欲望をコントロールする、すなわちお金をコントロールし、秦という国を発展させる。

 

 

 このようなこと(僕の解釈)を呂不韋は言ったわけです。この国の発展のさせ方が良いかどうかという話は置いといて、呂不韋お金の危険性を見事に言い表していると思いました。

 人はこうして気がつかぬうちに、お金に操られてしまいます。

 だからお金ばかり求めていると、自分が何のために生きているのかを見失いがちになると思います。

 働くという話に戻りますが、職業選択をする際、

お金だけで選ぶのは危ない

と言えます。

 

もし手元に10億円あったら

「もし手元に1億あったら、10億あったらどうする」

こんなことを大学1年生の時に、ある社長さんから聞かれたことがあります。当時はそんな大きなお金について正面から真面目に考えることができませんでした。

額が大きすぎてイメージできなかったのが正直なところですし、一般感覚的には、絵空事を真面目に考えて意味あるの?」なんて思うかもしれません。

 でもこれは真理を得た質問だと僕は思います。なぜなら、

金持ちになっても使い方をイメージできていないと意味ないじゃん

そして、

お金のために一生懸命頑張るって意味あるの?

という疑問にぶつかるからです。

 一年前は大金について真面目に考えることができなかったのですが、最近は幾分か「手元に1億あったらどうしよう」と、正面から真剣に考えることができるようになってきました。(笑)

 

 お金には思っている以上に深いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

 

シューターのブログ

働くとは、生きるとは 〜迷走vol.3〜

なんだかんだ人間もろい

 

 『迷走vol.1』『迷走vol.2』では、どんな仕事も世のため、人のためにあるということが最近わかってきたということを書きました。そして、仕事を選ぶということは、自身がどうやって世のため人のために貢献するかを決めることだという思いに至りました。この考えをベースにした上で職業を選んでいくわけですが、このほかにも仕事を選ぶ上での指標が必要だと思います。そして、前回のブログでは、苦手だけど必要なことに取り組む仕事か(攻め)、得意なことに取り組む仕事か(守り)という指標で仕事選びについて考えて見ました。

 

人で仕事を選ぶ

 いきなりですが、「幸せ」ってなんだろうって考えたことあるでしょうか。

僕は最近になって考えるようになりました。今までは「見返してやりたい」とか、「負けたくない」とか、あまり良くない動機で努力をしていたのですが、それだと、どうも虚しいし、意味がないってことにだいぶ気がつきました。

だから「幸せとは何か」って考えるようになりました。

僕だったら「本を読むこと」とか「美味しいご飯を食べる」とか、もっと漠然というと、「自分でできることを増やす」とか、「新しいことを知る」とか、いろいろ楽しい、幸せと感じることがあります。

 

 でも、究極に一言で表すとしたら、

「好きな人と好きな場所で好きなことをする」

だと僕は思うんです。いろいろ考えていくとどうしても、そこにたどり着きます。

確か旅好きの若者にすげー支持されている高橋歩って人もそんなことを言ってた気がします。(人それぞれ幸せを感じるためのプロセスってもんは違いますが)

 

だから、「この人とはなんかウマが合うなぁ」「この人からだったらいろんなこと学べそうだなぁ」と仕事を選ぶなんてこともありじゃないかなと思います。逆に、「この人すごいけれど、なんか合わない」「興味のある分野、仕事だけど、なんかあの人は嫌い」と消去法で仕事を選ぶなんてこともありかなと思います。

 

バカリズム

 もう一つ、いきなりですが、「強み」とは何ですか。「強み」とは相対的なものです。陰キャがスーパー陰キャ集団に入ると、その人は陽キャとみなされます。パリピがスーパーパリピ集団に入ると、その人はパリピではなくなります。

 ちょっと例えが悪かったかもしれません。甲子園に出ている球児がプロ野球選手に混じったら、「野球が得意です」といえますか?って話です。

 そう、強みとは「相対的」なのです。

 

 この強みの性質を理解した上で仕事を選択する人も一定数世の中にいるようです。

例えば芸人のバカリズム

僕は「ipponグランプリ」でキレキレのバカリズムが大好きなのですが、そんなバカリズムさん。実は芸能界に入る入り口、実は吉本ではありません。なんと、日本映画学校俳優科出身です。

 バカリズムさんは最初から芸人を目指していたそうなのですが、吉本に入ると自分の力では埋もれてしまうだろう。だからあえて映画学校に入って目立とうと決めてそうです。

自分を客観的に見て、進む道を選ぶところは凄いなと思います。

 

 少し自分の話に置き換えてみます。僕が経営だったり金融に興味があるからと言って、コンサル会社に危うく入ると、東大生集団などと一緒の職場になり、埋もれてしまう可能性が大です。

だから、自分の得意なことはどのくらいのレベルか、そしてどこだったら自分と同じような人間は少ないかとポジショニングを考えることは意外と重要なことかもしれません。

これは汚い話とかじゃなくて、自分の人生を無駄にしてしまう「宝の持ち腐れ状態」になることを防ぐ方法でもあると僕は思っています。

 もちろん、自分の得意なところで勝負したいから、得意なことが同じ人たちが集まる仕事を選ぶのがいいかもしれません。

しかし、人間もろいもので、劣等感を感じてしまう生き物です。そんな感情を抱いたまま、何年も何十年も過ごすくらいなら、ポジショニングを意識して自分の力を世のため人のために発揮できるよう、仕事を選ぶことの方がよっぽど有意義であるのではと思います。

 

 今日は「人で仕事を選ぶ」という指標、「自身の強みで仕事を選ぶ」という指標で考えてみました。答えがないって辛いなぁ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

迷走vol.4に続く

シューターのブログ

働くとは、生きるとは 〜迷走vol.2〜

 

 前回のブログ『迷走vol.1』では、監査論のテキストを読み進める中で、公認会計士の存在意義(監査等の社会的役割)を知り、

公認会計士という職業は人のため、社会のためにある仕事なんだ」

と腑に落ちました。(実感ではないが、似たようなもの?)

そして、そもそも

「仕事とは、人の役に、社会の役に立っているから存在するのだよな」

と当たり前のことが脳内にちらついてきた訳です。

だから、職業を選択する上で大切なのは、

「自身がどういう形で社会に、人に貢献するか」

を自分なりに考えることだと思います。そして、それを考えた上で仕事を選ぶということがとても肝要だと考えます。ということは、結局

「自分はどうやって人に、社会に貢献しよう」

という根本的な問題にぶち当たってしまいます。あまり「自分探し」という言葉のニュアンスは好まないのですが、「自分探し」をするしかないのかと途方に暮れています。

 

仕事をどう選ぶ?

 僕もこの4月から大学3年生。就職ということを考えざるを得ない時期が迫ってきたなと実感しています。最近は某ウイルスが世界に猛威を奮っていますが、

コロナウイルスにより不況が到来して、自分の世代は就職氷河期になるのじゃないか?」

だったらいっそのこと

「大学院に進学するとか、留学するとかしようか(お金どうしよう、笑)自分は勉強が好きな人間だし、向いてんじゃね?」

なんて、安易に仕事を選択することから逃げたいという気持ちも出てきます。

その一方で、大学院は、研究者を育成する目的・色が強めであり、俺は研究者になりたいのかなんて自問自答したりもします。

少し前に、R&D(研究開発)という言葉の意味を辞書で調べたことがあるのですが、

研究・・・新しい知識を見つけることが目的

開発・・・知識をもとにそれを応用し、具体的なモノ・サービスへと変えることが目的

とある本に書かれていました。

「そうか、研究者になるということは、基本的には新しい知識を見つけることが目的なのか」と。であれば、結構孤独で辛い道であるなと僕は思います。例えば数学みたいに、発見した知識が自分の死後100年とか、200年とか経ってようやく社会の役に立つかもしれませんし、そもそも自分の発見した知識が世の中に役立たないなんてことも考えられます。さらには、世間からは、

「研究者ってのは、知識ばっかで頭でっかちなんだよ」と揶揄されるかもしれません。

それ相応の覚悟や信念ってものがないと続かない仕事であるのかなとも思います。そして、このことは他の職業でも言えるのではないのかと思ったりもします。

 

攻めと守り 25歳までというライン

 「25歳までが一つの勝負です。」いきなりそんなことを言うと、四方八方からあらゆる批判が飛んできそうです。実はこの25歳と言うライン、どっかの本で見たことがあるのですが(ちょっと思い出せない、本田健さんとかの本だっだかな、あの人謎なんだけど、笑)、

にいろいろ面倒を見てもらいやすい年齢、いろいろ教えてもらいやすい年齢」

です。人生一生勉強で、「学ぼうと言う意欲があれば、何歳であってもいろんなことを教えてもらえる」と言う考えは僕も知っていますし、一理あると思います。ただその一方、人生残酷なもので、25歳を過ぎるとどうしてもだんだんと大人として見られていき(たとえ精神年齢が子供でも)、自然と周りの人がとやかく言わなくなってきたり、新しいことや間違っていることを教えてくれなくなるものです。だから、25歳までにどんな人に会うか、そしてどんなことを学ぶのかと言うのがとても重要だとか思うのです。そして、そう考えると大学卒業後の進路、はたまた就職というのは非常に重要な選択だと僕は考えます。

 そしてここで職業を選択する上で利用する指標として思い浮かぶのが

「攻めるか守るか」という指標です。

 言い換えると、「自分の苦手なことだけど、人生においてマストなスキルが学べるだろう」というある意味、自身にとって挑戦的な職業選択の仕方と、「自分が得意なことで、極めるとそれなりの専門的スキルを手に入れることができるだろう」とある意味、好き・得意重視、保守的な職業選択の仕方です。

僕の中での挑戦的な職業と保守的な職業は

挑戦的職業:経営者 営業マン(民間に就職)

保守的職業:研究者 公認会計士

です。もっといろいろ考えたことはありますがざっくりと分けるとこんな感じです。

なぜ、経営者や営業マンという職業が僕にとって挑戦的かというと、これらの職業は対人スキルやリーダーシップ、もっというと共感力(人を思いやる気持ち)とか日々の笑顔とか、日々の挨拶とか、そういったことが重要です。経営者なんかだともっと専門的知識が必要だったりというイメージかもしれませんが、一年半僕が数十人は経営者に会ってきた中で感じたのは、「知識なんてものは二の次、まずは人との関係が大切」ということです。そして、このことは仕事はさておき、人生においてとっても大切なことです。

しかし、僕はあまりこの部分は得意ではなく、努力しても人並みか、伸びても平均よりちょっと上にしか届かないだろうなと、どこか思ってしまう部分があります。だからこそ、ここに対して劣等感というものもあり、そこで挑戦して見たいなんて思いも逆にあります。ただ、僕自身は対人スキルを自分のベースとして勝負する人間ではないと思っています。だから、僕にとって経営者や営業マンなどになろうと、大学卒業後に職業を選ぶのは「挑戦的」です。

 

対して、研究者や公認会計士という職業は、コツコツ勉強を続けること、知識を得ることに興味がある人に向いている職業だと思います。(もちろん、人と関わることはマストですが、他の職業と比べるとその割合は小さい)そして、僕はコツコツと勉強をすることが大好きですし、知識を得るということに対しては変態なレベルまでのモチベーションがあると自負しています。

「世の中の時間が10年止まるから、公認会計士と弁護士と医者の勉強、さらに外国語5カ国をマスターしてね、ヨーイドン」と言われたら、できるかどうかは置いといて、

「オッケー」

と即答できる自信があります。

春休みや夏休みがあると、つい本を手に取ってしまい、平気で一日中本を読むことに没頭してしまうなんてこともザラにあります。

こう知識を得ようという好奇心は僕の強みだと思っていますし、楽しいです。だから僕の中で、研究者や公認会計士という職業は保守的な職業です。

 

そして、「攻めるか守るか」という話と、「25歳までのライン」という話をつなげます。自分の苦手なことは、対人関係が主です。

だからこそ25歳までという人に面倒を見てもらいやすい時期にこそ学ばないと、一生そこに自信を持てないのではないかという考えが僕の中にあります。

一方で、25歳という時期にこそ、自分の得意なことをやってみるという環境に身を置くのがいいのではないかなんて思ったりします。

「やって見なきゃわかんない」この一言で済まされそうですが、僕にとっては悩ましい事案です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

迷走vol.3に続く

 

 

 

シューターのブログ

働くとは、生きるとは 〜迷走vol.1〜

 

 「 最近暖かくなってきたなぁ」と思う一方で、世は某ウイルスに翻弄されています。先日日経新聞を見ていて、ブラジルレアル、インドネシアルピア、ロシアルーブルが暴落などという記事を見ました。また、急ピッチ円高の記事も見ました。なんだかんだ日本の通貨、「円」って信用のある通貨なんだなと思ったりする、この頃です。

 

仕事は人の役に立つためにある

 章題にとっても当たり前のことを書いててすみません。そして前置きですが、これから全く関係なさそうなことを長ったらしく書きます。どうか多めに見ていただけるとありがたいです。

 いきなりですが、今日「仕事は人の役に立つためにある」と、腑に落ちるきっかけがありました。というのは、今日は、監査論についての本を読んでいました。

 なぜ、監査論なんか勉強しているのかって? 

 いろいろな人から怒られそうなのですが、経営者をはじめとした方と1年半以上勉強させてもらう中で、会計を勉強するのが楽しくなっちゃいまして、会計のある意味プロフェッショナルと言える公認会計士の仕事ってどんなもんなんだろうと、監査論を勉強し始めちゃったというわけです。。。

 だいぶ罪悪感を感じながら、監査論のテキストを読み進めていたわけですが、いちばん最初の方に、「監査」とは何ぞや。と書かれていました。

一言で言うと

 

監査とは会計界の警察

 

です。

 

 これだけ言うと「なんのこっちゃ」となるので説明すると、監査の目的は、投資者を保護することです。投資者はご存知の通り会社に資金を提供する者なのですが、その投資者が投資を行うかどうか決める上での判断材料というものがあります。その判断材料こそが、「財務諸表」というものであり、財務諸表には会社の成績が載っています。

 そして、その財務諸表に不正がないか検査をするのが「監査」です。不正がもしあると、投資者は不利益を被る可能性大です。極論言えば、「急に投資した会社が倒産する」なんてことも。

 

(ここからしばらくはマニアックなので読み飛ばしてもらっても ↓↓↓)

 さらに、近年監査の社会的重要度は高まっています。というのも、数十年スパンで見た時に、間接投資(銀行から会社への融資・投資)から直接投資(投資者(not銀行)から会社への投資)へと変遷しているからです。

 どういうことかというと、時を遡ること戦前。太平洋戦争に臨もうというころの日本政府は、戦争資金を集めなければと齷齪していました。そこで政府は、運動を起こしたり、法律を制定したしたりして、「貯金」を国民に推奨しました。ここで日本人は「貯金をすることはいいことだ」「貯金をすることは大切なんだ」と思うように、

「日本人が貯金好き」

という国民性を持つようになりました。そして戦争が終わってからも日本人は貯金をする訳です。すると銀行をはじめとする金融機関は莫大なお金を手にします。

でもって、銀行(金融機関)は企業に融資・投資をする訳です。だから、戦後長いこと、日本の企業は銀行からの資金に頼っていました。海外は銀行からの資金が大体20%弱だったそうですが、日本はなんと40%程度の資金を銀行に頼っていたそうです。ということは裏を返せば、海外諸国に比べると、日本の株式市場はあまり発達していませんでした。

 しかし、1985年、プラザ合意というのがニューヨークで行われます。プラザ合意の目的は、ドル高の是正なのですが、これにより急速に円高が進みます。それに対応するため、日銀は低金利量的緩和政策を行いました。それにより株式市場に大量の資金が流れ込み、株式市場が発達していきました。

 そして1990年代にバブル崩壊。金融機関はお金を企業にあまり貸さなくなりました。すると企業はどこに頼るしかなかったか。そう、投資者です。

 

よって、日本はプラザ合意バブル崩壊を契機に、間接金融から直接金融へと変遷していきました。こうなると、株式市場で公開される企業の情報は今まで以上(プラザ合意前、バブル崩壊前)よりも重要になっていった訳です。すると、企業が公開する情報に不正があると社会・経済に甚大な被害を及ぼしてしまう訳です。

だから、「監査」の重要性が増してきました。

「あ〜監査って世の中に役に立ってんなぁ」と思いました。

(ここまでマニアック話 ↑↑↑)

 

そういう訳で、「監査とは世の中に役に立っているなぁ。」「公認会計士は意義のある職業であるのだなぁ」と当たり前ではありますが思った訳です。

 

 

役に立っていると実感しやすいかしにくいか

こう、「監査」の社会的意義をかみしめた訳ですが、

「そもそも世の中の仕事は、人の役に立っているからあるんだよな」

と思う訳です。ただ、仕事をしていて、役に立っていると実感しやすいかしにくいかという差があるだけの話。

 例えば、医者だったり看護師だったりは、人の役に立っていると実感しやすいかもしれません。人の病気を治したり、患者をサポートして元気にするのですから。

 その一方で、街頭でのティッシュ配りだと、人の役に立っていると実感しにくいかもしれません。実際には、ティッシュに付随する広告を見て、お店のお客さんをゲットし、お店の利益はアップ、お客さんは満足と、人の役に立っているかもしれないのに。

 

 そう考えると、仕事は全て人の役に立っているのだから、仕事を選ぶ上での基本スタンスとして、

自分はどういう形で人の役に立つかを選ぼう

であるべきなのだと僕は思います。

 

じゃあ、僕はどのようにして世の中の役に立ちたいのか、人の役に立ちたいのかと、考え始めてしまいました。(迷走のはじまり)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

〜迷走vol.2〜に続く