シューターのブログ

タバコそりゃなくなんねえわ

 

昨日は広島市議会議員の豊島岩白氏のご講演を聞きに行きました。豊島さんは「広島市をアジアのジュネーブにする」というビジョンを掲げられ、日々ご活躍されておられる方です。豊島さんのお話を聞こうと思ったきっかけは数日前にMICE戦略の記事を見て豊島さんに興味を持っており、その矢先に偶然、豊島さんのご講演があるから是非来て勉強をしないかというありがたいお誘いの言葉があり、昨日会場に足を運びました。とはいうものの、開始時間が朝6時!!5時起きで5時半過ぎに家を出てチャリを漕ぐというハードな1日のスタートとなりました。

 

外貨獲得は広島が生き残るための道だ!

MICE戦略が広島市に必要ではないかということを豊島さんは広島市の現状から導き出し、ご講演でご説明されていました。とはいえ、まずはMICEとはないかという事を描いてみます。直入にMICEとは(Meeting, Incentive, Convention, Exhibition)の頭文字をとった造語で、研修や報奨、国際会議、国際見本市などを指します。そして、MICE戦略はこれらを増やそうという戦略です。ではなぜ、広島で開催するMICEを増やす必要性があるのか。それは少子高齢化個人消費を紐解いてくとその理由がわかると豊島さんは説明されていました。

 

税収の減少

豊島さんのご講演ではまず、日本人一人当たりがどれくらい個人消費をしているかという事からお話しされていました。人が生まれてから死ぬまでの年平均個人消費額は121万円であり、人一人がなくなると、年121万円の個人消費がなくなるということを言っていました。(その計算に関して僕は正直無理があるなと思いましたが、わかりやすく説明するためにおっしゃっていたのかなとも思います。)で、僕が調べたところ、広島市の人口は今後25年ほどで10万人減るという予測がありました。年121万円の考えに基づくと、25年後には広島市住民の個人消費が1210億円なくなります。ということは必然的に莫大な税収の減少が生じます。その一方で公共サービスの維持費は変わらないか、下水管や水道管、橋の建て替え時期の到来により費用が増えてしまいます。このままでは広島市が衰退してしまうということを豊島さんは講演参加者に訴えかけました。

 

国連事務局がアジアにない...

広島に国連事務局を誘致してMICEを増やそうというのが豊島さんの掲げる目標です。国連事務局は今、ニューヨーク国連本部・ジュネーブ事務局・ウィーン事務局・ナイロビ事務局の4箇所が主です。つまり世界人口の6割を占めるアジアに国連事務局がないというわけです。そこで、平和都市広島に国連事務局を誘致し、MICEを増やそうというわけです。さらに副産物として、広島に国連事務局を置くと、広島に攻撃することイコール世界を敵に回すことだから、ミサイルは広島に飛んでこないとおっしゃっていました(笑)。ちなみに人口約120万人の広島の今の国際会議件数は70台後半なのですが、国連事務局のあるジュネーブは人口18万人にも関わらず国際会議件数は大小合わせて5000件ほどあるそうです。そして、国際会議に参加される方が会議が行われる場所で消費する平均額は10万円ほどでそうです。広島に来る観光客の広島での平均消費額が1万8000円、広島に出張でくるサラリーマンの広島での平均消費額が3万8000円であるので、国際会議の誘致が経済に大きな影響を与えることは明らかであり、これは少子高齢化による個人消費の減少に対応する術となり得ます。

 

政治が身近に感じられた

講演会ではMICE戦略の他にも、アストラムラインの話、市長と市議会議員の違い、衆議院参議院の役割、草津港の再開発など、様々なことを話してくださいました。そして、とても身近に政治を感じることが出来ました。そしてそういった話の中で僕が印象に残ったのはタバコ税が広島市の予算に80億円ほど入っているという話でした。広島市のホームページで正確な数字を調べてみると、平成30年度には確かに市タバコ税が歳入として74億円ほど入っていました。74億円という数字はなかなか僕自身想像がつかなかったので、僕の通っている広島市立大学の1年間の予算を調べてみると54億円ほどでした。(広島市立大学はそのうち1億円ほど市からお金を受け取っているそうです。)つまり、広島市に入るタバコ税で一つの大学の運営ができるというくらい、タバコの経済効果は大きいというわけです。これは皮肉にも、タバコはなくなんないなと思いました。この講演では政治が身近に感じられるとともに、お金の流れを見ていくとお金には情報が付随しており、社会のことを色々と知れるということを学びました。昨日の講演をきっかけに政治の勉強も始めようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

 

 

 

 

シューターのブログ

勉強が善だというのは間違い

 

ずっと腑に落ちない言葉が僕にはありました。その言葉は「勉強が善だというのは間違い」です。この言葉は僕の記憶の中ではYouTubeで”筑波大学准教授”兼”実業家”兼”メディアアーティスト”の落合陽一さんがおっしゃていました。落合陽一さんは日本は勉強することが善であるという文化があるがそれは間違いであることを語っていて、言われてみると確かに日本おかしいよなと僕も思いました。世の中は勉強できるから・できないからといって成功・失敗が決まっているわけではないし、勉強以外にもっと大事なことはあるしな...と。ただ、勉強することは自分をアップデートさせようとしていることだから、マストではないけれど、善ではあると僕は思っていました。

 

感じる力?...

この週末、「勉強が善だというのは間違い」が腑に落ちる話をある方にして頂きました。経営ゲームの懇親会ということもあり、周りが経営者さんばかりで、たまたま学生である僕が今から学ぶべきこと、そして現状の僕の弱い部分という話になりました。僕の強いところは”考える力”すなわち”理詰め”する力、一方、僕が弱い部分は”感じる力”だと指摘してくださいました。”理詰め”に関しては自身も武器だと思っていてました。世の中の流れがどうなっているか・世の中の構造がどういう仕組みか情報収集をし、そこから、自分の現状の能力・立ち位置を見て、僕が今何をすべきか、どういう行動を取っていく必要があるかまで落とし込むというのは周りの大学生と比べた時にできると僕自身が感じているからです。ただ、僕の弱い部分は「感じる力」だと聞いて、「そもそも感じる力って何?」「感じる力ってなんで必要なん?」と考えてしまいました(理詰め笑)。

 

理詰め・理論の限界

「感じる能力」の説明の前に、指摘してくれた方はまず「理詰め・理論だけでは限界がくる」ということを説明してくださいました。なんで、「理詰めだけでは限界がくるのか?」その答えはズバリ、「理詰め・理論は天才がやってきたことを万人ができるようにしたものである」からです。理詰め・理論を学ぶと自身を急速にアップデートすることはできるのですが、所詮、万人ができるようにしたものであって、理詰め・理論だけでは新しいことに自身で気がつき、新たなものや仕組みを作ることがなかなかできません。だから、理詰め・理論は限界であり、「勉強が善だというのは間違いだ」と言えます。やりたい人が、必要だと思った人が勉強するのが、理想ではありますが、あるべき勉強の在り方だと考えることができます。では、理詰め・理論では限界があるので何が必要か。ここで必要なのが「感じる能力」です。

 

感じる力とは

「感じる力」というと、なんか胡散臭い、怪しいようなニュアンスを感じるかもしれませんが、つまり、「直感」のことです。人をパッと見たときにその人の雰囲気を感じ取り、どんな心情だろう?、どんな性格なのかな?と僕は捉えています。そして、それが自然とできるようになると、人をパッと見ただけで、何に困っているのかとか、何をしてあげると喜んでくれるかとかがわかると思います。さらに、「感じる力」を磨くと、ものだったり、生活している中で当たり前の景色が当たり前ではなく見えるらしいです。例えば、生まれた時から広島に住んでいる人は路面電車が当たり前であり、景色になっていて、はたから見ると路面電車は価値があるのだが、特に路面電車に価値を感じません。(僕もあまり路面電車の価値がわかりません。)しかし、「感じる力」を磨いていると、いつも見ている景色を当たり前として見ず、その景色から価値を見いだすことができるそうです。

 

擬音語・擬態語

「感じる力」を人のパッと見て感じたことを擬音語・擬声語にすることが大事だよと言われました。(「おっとりしてるな」とか「ほんわかしてるな」とか「むすっとしてるな」とか)。実際に街を歩きながら、これをやってみると、自分が普段、他人をほとんど見ていないなと気がつきました。それにすぐに擬音語・擬声語に直すことがなかなかできない。ってことは人の気持ちを汲み取ることが僕は苦手なんだということに気がつきました。人と何かをする際、多分この感じる力、相手に気持ちを汲み取る力が一番大事だと思います。まずは人の気持ちを汲み取ることができるように、擬音語・擬声語で人の雰囲気を表す練習をしていきたいなと思います。それができるようになると、僕と一緒にいて楽しいと思ってくれる人、僕と仕事を一緒にしたいと思ってくれる人が現れて、仲間ができるかなと思います。そして、理詰め・理論にこだわり、勉強に集中しすぎて、周りの人をしっかり見ていなかったことに気がつきました。今まで僕が関わってきた人たちには申し訳ないです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

 

 

シューターのブログ

平等と公平

 

前回のブログで学生時代の勉強機会の不平等について少し触れたので、今日は「平等」と「公平」についてを書きたいと思います。「平等」「公平」、どっちも堅い言葉で嫌気がさすし、「一緒じゃん!」と思うかもしれません。とはいえ、僕も自分で例を出して、正確に「平等」と「公平」の違いを述べる自信がないので、『日本再興戦略』著者:落合陽一さんの「平等」と「公平」の説明を引用させていただきます。

 「平等」とは、対象があってその下で、権利が一様ということ。何かの権利を1箇所に集めて、それを再分配することによって、全員が同じ権利がある状態を指す。

 「公平」はフェアであるということ。システムのエラーがないことや、ズルや不正や優遇をしないということ。

 例えば、日本人は、センター試験カンニングなどの不正が起きると怒るくせに、公教育に地域格差があったり、教育機会の差がある人が同じセンター試験を受けることに対しては無頓着。

と書かれています。

 他にも僕が不平等だと感じるのは、学校のPTA制度。中学校や高校であれば、保護者は3年間のうちに必ず1回は何かしらの役員にならなければならないというルールがよくあり、それは公平ではあるかもれませんが、平等とは言えません。なぜなら、世帯によって、共働きで忙しく保護者の自由な時間が少ない世帯、母子家庭・父子家庭で保護者の自由な時間が少ない世帯がある一方、専業主婦が家庭にいて保護者の自由な時間が多い世帯、3世代家族で元気な祖父・祖母が家事を担ってくれていて、保護者の自由な時間が多い世帯もあります。それにもかかわらず世帯のタイプに関わらず、PTAの役員に必ず1回はならなければいけないという制度は平等とは言い難いです。

 

学生時代の勉強機会

前回のでブログで

僕は母子家庭であり、家から大学に通っているのですが、奨学金に加えてバイトをしないと授業料が払えないです。大学に行けるだけで満足しろと言われるかもしれませんが、裕福な家庭にお金を出してもらっている家庭と比べると、勉強に当てることが可能な時間は、バイトをしなければいけない僕の方が圧倒的に少ないです。だからこそ、バイトをしないでお金を調達し、時間を確保し勉強に当てる方法を模索しています。

と書かせていただきましたが、この「学生時代の勉強機会」も不平等であると思っています。本気で勉強に打ち込もうと思った時、圧倒的に有利なのは裕福な家庭です。裕福な家庭は勉強するのに当てることのできる時間を多く確保できます。多くの人に対して平等に与えられている「時間」に格差があるのは、本気で勉強しようと思う人にとっては辛い限りです。

 

日本人は「公平」には敏感だが、「平等」には鈍感

今までの例の通り、日本人の特徴「公平」には敏感で、「平等」には無頓着ということがわかると思います。これに関しては一長一短なところもありますし、文化レベルで根付いていることなので批判しても仕方がないかもしれません。個人の権利を主張してきた西洋に比べ、日本は農耕文化で集団で生活をしてきた歴史がありますし、江戸時代には不平等である士農工商という制度もありました。しかし、学生時代の勉強機会の不平等(時間の不平等)には納得がいきません。だからこそ、この問題は個人的に早めに解決したい問題です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

シューターのブログ

”あんぽん”を読んで

 

少し古い2011年に出版された本なのですが、とても面白かったので紹介させてもらいます。題名は”あんぽん”。いきなり”あんぽん”とはなんぞやという話になると思うので説明すると、孫正義さんの中学時代の頃のあだ名です。孫正義さんは在日であり、正義さんの祖母・祖父の代が韓国の大邱から九州へと渡ってきた経緯がありました。そして、日本で在日韓国人は差別されるので、正義さんは安本正義と日本人としての名前を名乗っていました。その”安本”を音読みして韓国風の発音で侮辱されており、中学生時代に正義さんは”あんぽん”と言われるのをひどく嫌っていました。そんな経緯のある言葉が”あんぽん”です。

 

壮絶な歴史

この本の見所は孫家三代の方それぞれの歩んできた人生が壮絶であり、そんな中、孫正義さんが生まれたという話がとてつもなく面白いというところと、日本の差別の歴史、日本のエネルギー問題の歴史とこれから、ソフトバンクが生まれた背景と様々な衝撃でドラマチックな話が凝縮されているところです。少しだけ、本の内容をかいつまんで、壮絶な歴史を説明すると、正義さんは佐賀県鳥栖の朝鮮部落で生まれました。「朝鮮部落は立地が悪く、国鉄の線路の横にあり、汽車が通るたびに黒煙が家の中に入ってくる。さらに、朝鮮人に対する差別が酷いことにより仕事がないので、家では豚を飼って育てることと、街で集めてきた残飯から密造酒を作っていたらしいのだが、その絞りかす(残飯)を豚に食わせ、豚はアルコールで真っ赤っかになっていた。さらに、雨が降ると、朝鮮部落が浸水し、豚と豚の糞が家でプカプカと浮かぶ」そんな家に住んでいました。住んでいた場所がもう衝撃しかないです。また、小学生時代には朝鮮人と言われ、石を投げられ、石によってできた傷が今でも頭に残っているようです。そして、孫正義の叔父の国本徳田は朝鮮人であり、日本の炭鉱で働かされており、戦後二番目の規模の炭鉱爆発事故「三井山野炭鉱爆発事故」で亡くなっています。ちなみに石炭は戦後の日本の重要なエネルギー源であり、日本は朝鮮から朝鮮人達を騙して日本に連れ、日本の炭鉱で強制労働させるということをしていました。(北朝鮮の日本人拉致大規模番みたいな?)有名なのが麻生財閥であり、朝鮮人を連れてきて強制労働させる炭鉱ビジネスで巨大な富を築き上げました。(麻生財閥の末裔が今の政治家、麻生太郎です)このように日本の黒い歴史が孫一家のエピソードには凝縮されており、”あんぽん”はとても勉強になる本です。

 

学生時代の勉強

孫正義さんのエピソードとして一つ取り上げたいものがあります。それは正義さんの祖母が、入院している時の話です。「祖母の病室で、母が何気なく、正義さんのことを『この子はお金のかかる子なのよ』と漏らした。それを聞いた正義さんが、『お母さん、僕にはなんの財産も残さなくていいよ。僕は何もいらない、その代わり、勉強の面倒だけは見てください。そのための世話だけはしてください。たとえ借金してでも、勉強だけは続けさせてください。いつか、必ずお金持ちになって恩返しします。カバンにたくさんのお金を詰めて、お母さんに持ってきてあげるから』と言った」エピソードがあります。そこがちっぽけな僕でありますが、とても共感できるところでした。どれだけ学生時代の勉強が大切か、ここを僕は社会に訴えたいと思っています。僕は母子家庭であり、家から大学に通っているのですが、奨学金に加えてバイトをしないと授業料が払えないです。大学に行けるだけで満足しろと言われるかもしれませんが、裕福な家庭にお金を出してもらっている家庭と比べると、勉強に当てることが可能な時間は、バイトをしなければいけない僕の方が圧倒的に少ないです。だからこそ、バイトをしないでお金を調達し、時間を確保し勉強に当てる方法を模索しています(そのことについては長くなるので、次のブログ「平等と公平」で書くことにします)。バイトが社会勉強だという人もいますが、「時間対費用」で考えたときにバイトは時間の浪費です。実際にそこをわかって学生時代勉強していた孫正義さんを僕は羨ましいと思うと同時に尊敬します。

 

”あんぽん”読んだことのない方は是非読んでみてください。今まで読んだノンフィクションの中で個人的には一番面白かったです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

 

 

 

シューターのブログ

チラシ配りでわかったこと

 

先日、僕が関わらせてもらっているNPO法人チャリティーサンタ広島支部で初めて、チラシ配りをさせていただきました。人通りの多い本通りの一角でチラシ配りデビューとなり、近くでチラシ配りをしているホットペッパーさんに負けないよう(勝手に)チラシを配りました。最初はコツが全くわからなかったので、コツをググって、その通りにやりました。グーグルさんに記載されていたコツは場所を選ぶこと(本通り付近なので場所は完璧)と笑顔でした。いたってシンプルなコツだったので、”もう少しコツはないのか?”と思いながらやったのですが、やっているうちに笑顔は大切だなと感じました。(やってみてわかったコツ:目線を早めに少し遠くからあわせて笑顔でいると、チラシを受け取ってくれる人が多かった気がします)

 

シンプルなことこそ大切

チラシ配りをした際に笑顔になることができたかということはひとまず置いておいて(笑顔のつもりではありました)、笑顔でチラシを配っていると、受け取ってくれる人や会釈してくれる人が、笑顔でない時に比べて圧倒的に増えました。また、チラシを配る時に、渡したいなと思う人は、暗い顔をした人より明るい顔をした人でしたし、受け取ってくれる人も明るい顔をした人の方が多かったように記憶しています。つまり、笑顔であると、相手から受け入れてもらいやすいですし、笑顔であることにより相手を受け入れやすいということが言えます。ということは、自身を通す情報の流れを笑顔によって作れるとも言えます。

 

自身を通す情報の流れ

将来会社を立ち上げようと思っている僕は、最近「情報の流れを構築すること」を意識しています。これは経営者にとって大事なことで、「自分の言った事に対して周りの人に反応してもらい、新たに周りの人から情報をもらう。その情報をもとに考え、また情報を発信する。」このサイクルを高速で回すと自身をハイスピードで成長させることができると考えています。そして、そのサイクルを作るためのはじめの一歩は笑顔だという事にチラシ配りで気がつきました。シンプルなことが大切なんだと感じるチラシ配りでした。普段あまり笑顔ではないなとチラシ配りをしている中で感じたので、普段もう少し笑顔でいたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

シューターのブログ

(株)イトバナシ

 

今日は僕が所属させてもらっている広島市立大学塾に(株)イトバナシ 代表取締役の伊達文香さんと(株)イトバナシ 顧問の杉川幸太さんに来て頂きました。(株)イトバナシさんはインド女性の刺繍を輸入し、日本で縫製して販売しておられます。インドは、日本企業の海外進出戦略、日本国家の防衛戦略などで注目されているため、僕自身とてもインドについて興味があり、お話を聞かせてもらいました。どうやってこの会社の構想が生まれ、どのようにして会社の形となっていったのか、会社を経営し始めて、様々な困難や大切にしていることなど、たくさんのことを聞き、学ばせて頂きました。その中でも、特に勉強になったのは、「人に頼ることの大切さ」です。

 

人に頼ることの大切さ

代表取締役の伊達さんと顧問の杉川さんが対談されている中で、伊達さんは人に頼るのが上手であるということが伺えました。伊達さんと杉川さんお二人とも、チャレンジャーでなんでも興味のあることは取り組んでいくというタイプの雰囲気がある方なのですが、そんな中、伊達さんが、杉川さんを頼りにして会社を回しているのは、少し不思議であるとともに伊達さんの求心力はさすがだなと思いました(笑)。僕自身、高校生までは、自分でなんでもできるようになりたいと思っていたのですが、最近時間が有限であるということに気づき、なんでもハイレベルでできるようになることは不可能であると知りました。そこで、一人でやるのではなくて、他の人と一緒にやらなければ、いいものを生み出すことはできないし、人と一緒にやれば、いいものをハイスピードで作り出すことも可能である。だからこそ、人に頼る技術を身につけなければ、応援される人にならなければ、会社を作って世の中を変えられないと考えてます。

 

どうやって人を巻き込むか

お話を聞かせていただく中でちょっとしたアドバイスをいただきました。それは人にお願いするときにとりあえず「明日暇?」と予定を聞く。そして、暇という答えが帰ってきたら相手ができるだろう最大限のタスクをお願いするという方法です(結構手荒な手法?笑)。ただ、そうやって人にお願いをして任せ、周りを巻き込んでいくところは学ばなければなと感じました。他にも最近、とあるNPO法人に関わらせていただき始めたのですが、そこでも人の巻き込み方というのを勉強させてもらっています。正確に言いますと僕が巻き込まれたのですが(いや、勉強させてもらっています)やり方はというと、とりあえず役割をいきなり与え、ちょっとした責任も負う立場になるというやり方です。高齢者が暴行事件を起こしたりする原因として、会社を辞めてから、役割と責任がなくなったためということが一つに挙げられますが、逆にいうと、役割と責任があれば人はイキイキするということで、役割と責任を人に与えるというのは巧みかつ効果的な手法です。これは、将来僕が仕事をしていく上でやっていかなければならないし、学生生活中も何かをするにあたってやっていかなければならないことだと思っています。人を巻き込むスキルを学び、トライしものにしていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

シューターのブログ

教養を身につける意義

 

リベラルアーツが大学教育で叫ばれており、アメリカの大学では学部4年間は教養を学ぶというのが一般的である中、最近、教養を身につける意義が自分なりに見出せました。僕が考える”教養をつける意義”は3つあります。一つ目は「多様な人と何かしらの共通言語を持つためのもの」。二つ目は「何かの分野でトップレベルになった際の横のつながりをより効果的にするため」。三つ目はありきたりではありますが、「人生を楽しむため」です。

 

多様な人と何かしらの共通言語を持つため

一つ目について書くと、これが一番教養の役割として大きいと思います。初めて人と会う時の会話のネタ、プロジェクトを共にする仲間とのコミュニケーションを取るための共通言語、初めての環境で友達を作るときのきっかけなどに作用します。そういう意味で、教養をつけておくと集団レベルの活動から個人レベルでの活動で役に立つかと思います。

 

何かの分野でトップレベルになった際に横のつながりをより効果的にするため

これは教養の使い方として究極と言えるかもしれません。何かの分野でトップレベルになった際というのは、他の分野で最先端に近い人たちと話す機会というのが出てきます。例を出すと、金メダリストの人は、スポーツの世界とは異なる学者や芸能人、企業、出版社など様々なトップの方々と話す機会があります。他にも一流の料亭の料理人だと、著名人や企業の社長さんが訪れるでしょう。分野のトップにいる方は、他の分野のトップの方と話すチャンスが多いです。そして、そこで重要なのが、教養です。相手の分野を少しでも知っていたり興味があると、話が盛り上がります。また、分野の先端で何が起こっているのか、社会がどう変わっているのかをリアルに知ることができます。時には話が盛り上がり一緒に何かをやろうということになるかもしれません。だからこそ、教養はトップレベルに行けば行くほど重要になってきます。

 

人生を楽しむため

これは書くまでもないことかもしれませんが、一番重要です(笑)教養があるといろんなことが結びついて、たくさんのことに興味を持てます。普段何気なく見ているものが教養があることにより、違う深いものとして見えます。だからこそ、教養はあるに越したことはないです(笑)

 

他にも教養をつけることの意義あったら教えていただけると嬉しいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。