シューターのブログ

大阪生活4日目

 

大阪に来て4日が経ち、梅田行きの入り組み用にはまだあたふたしていますが、生活にはだいぶ慣れてきました。毎朝スカイビルを見ては「がんばろう!」と自らに唱え、ポスター貼りのために街へと足を運んでいます。そして店を回り回ってポスターを貼っている中で、気づくことがありました。

 

結論を先ず提示する

毎日150件くらいお店を周り、断られ、断られ、断られ、そして貼らしてもらいを繰り返す中で、自分の話し方の癖・悪いところを自覚し始めることができました。その話し方の癖・悪いところの一つに、最初の説明がくどく、話の聞き手をさせてしまう、「話の目的は何?」と思わせてしまういうことです。プレゼンのコツや話し方のコツで「先ずは結論から」というのは、よく言われますし、僕も知識としては知っていましたが、実際にやってみて初めて、「自分が結論から述べる話し方をできていない」ということに気がつきました。実際にやってみることは、知識を詰め込むのとは違う、経験が大切だということを痛切に感じました。

 

”すみません”ではなく”ありがとうございます”

もう一つの癖として、”すみません”というワードを多用してしまうというのがあります。これも今までは自覚がなかったのですが、ポスター貼りをする中で感じました。そして、その”すみません”というワードは”ありがとうございます”に変換できるということに気がつきました。”ありがとう”と感謝の気持ちを伝えればいいのにも関わらず、知らず知らずのうちに”すみませんねー”なんて言っている自分がいます。これは変えるべきよくない癖だなと感じました。ポスター貼りを通して、徐々に変えていきたいと思います。大阪で、また一つ、そして二つ、成長できそうな予感がします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます